1. トップ
  2. ブログ
  3. 神津牧場〜立石公園

神津牧場〜立石公園

名刺6種類の写真

東京は曇り空でしたが・・・

被写体を探すべく車を少し走らせて参りました

天気予報図を見てみると、関東では群馬や長野の方に晴れマークが出ていたので、そちら方面へ向かうことにしました

また今回もCanon EOS Kiss Mで写真を撮っていこうと思います

254バイパスをひたすら北上し・・・

長野方面へ向かうことにいたしました

途中に写真を撮りたくなる風景を見つけるのですが・・・

バイパス沿いでしたり、対面2車線の道路だったりすると、車を停める場所が見つけられず・・・、なかなか写真を撮ることができませんでした

写真を撮りに行くのは、車よりかバイクの方が便利なのではないかと思ってしまいました・・・

そのためだけにバイクを買うのはどうかとも思うのですが・・・

あったら便利でしょうし、もともとバイクに乗っていたので、また乗るのも悪い気はしませんね・・・

名刺6種類の写真

そんな感じで撮りたい風景を素通りしながら下仁田〜佐久の方へ走っていると、峠道の途中で〝世界遺産 荒船風穴〟という看板を見つけ寄ってみることにしました

風穴へ向かう途中で牧場があったのですが、ひとまず素通りし風穴の方へ向かいます

到着しみると、時間がギリギリだったので・・・

駐車場から風穴へ向かう最後のバスが出てしまったようで、向かうことが出来ませんでした・・・

ひとまず戻ることとして、帰り際に牧場へ寄ることにしました

名刺6種類の写真

駐車場から牧場へ向かう道すがらヤギがお出迎え・・・

少し写真を撮って、奥の方へ歩くと売店などがあるちょっとした広場に着きました

せっかく牧場へ来たのなら、ソフトクリームをいただかなければと思い購入・・・

牧場のソフトクリームという割には意外と安かったです
(確か350円・・・)

牧場のソフトクリームはやはり美味しくて、ミルクの香りが強く後味はスッキリと・・・

名刺6種類の写真

さらに奥へ向かうとウサギがいたり、またヤギがいたり、牛小屋があったりし

しばらくそこにいたヤギを被写体にして、何枚か写真を撮ることにしました・・・

名刺6種類の写真

その後、牛小屋の方へ向かうと・・・

なぜか牛が1頭しかおりません!

中の方を見ても、周りを探してもいないので・・・

ヤギの小屋の前で撮った写真をチェックすることに・・・

写真のチェックをしていて思ったのですが、スマホですぐにRAW現像できたらいいなぁと思うんですよね・・・

やはりスマホ用のカードリーダーはあった方がいいですね

そうこうしていると飼育員らしき人が何かを叫びながら歩いてきたので、何かエサやりにでも来たのかと思っていたら・・・

一緒に牛の行列もやって参りました❗️

名刺6種類の写真

その迫力に驚きながらもカメラで撮り始めたのですが・・・

この時に付けていたいたレンズが22mmの単焦点レンズでして〝もっと近くで撮りたい〟と思ったのですが

なかなかの牛の迫力に近づくことはできず・・・

予備のレンズを持ち歩くか、ズーム付きのレンズにするか、標準レンズを35~50mmぐらいの単焦点レンズに変えようかとか色々と考えてしまいました・・・

名刺6種類の写真

↑の写真は後にトリミングしたものですが、意外と綺麗にトリミングできるものですね❗️

本当はそれではダメなのでしょうが・・・笑

名刺6種類の写真

周りにいた方々も驚いておりましたが、なかなかのイベントに遭遇できた気がします

その後の撮影スポットを探すべく、ひとまず牧場を後にいたしました

日が暮れてきて、綺麗な夕日になってきていたので、夕日越しの湖なんかも良いかもしれないと思い・・・

ちょうど白樺湖の看板が見えたのでそちらの方へ向かいました

白樺湖へついて写真を撮ろうと思ったのですが、リゾート地ということもあるのか、車を停められる良い場所がありません・・・

コンビニに停めて写真を取りに行くのは気がひけるので・・・

白樺湖をあとにしてビーナスラインへ❗️
この道はバイクで走ったら気持ち良さそうです

しばらく走ると諏訪湖の方へ近づいてきたので、少し調べると立石公園というところからの夜景が綺麗だそうなので、立石公園へ・・・

到着してみると、19時を過ぎていたのですが意外と明るく・・・

夜景という感じでは無くなってしまいましたが、何枚か撮ることに!
周りにも数人カメラを構えている方もおり、三脚に望遠レンズといった感じで、やはり夜景を撮るなら三脚ぐらいはあった方がいいのかなぁと感じました

階段用スロープ作成中の写真
階段用スロープ作成後の写真

暗くなるまで待っても良かったのですが、帰りのことを考えて今日はひとまず帰ることに

帰りは東京まで高速を・・・、使わずに下道でトコトコ帰ります❗️笑

カメラを持ち、写真を撮ることを目的に車を走らせるというのは初めての体験でしたが、これはこれで普段とは違った感覚になります

Instagramが流行り始めた頃に、なぜ写真にそこまで・・・、と思ったのですが、今では私自身がカメラを持ち、写真を撮るようになっておりました・・・

なぜカメラを持ち写真を撮りたくなるのかはわかりませんが、飽きるまで試してみようと思います🤗

written by きらく
2019.6.8